大阪上新庄ドラム教室

ドラム上達のススメ

【王道フィルイン第4選】神が作りし王道フィルイン!!笑 これを覚えてレベルアップ

どうも、おはこんばんにちは(死語?笑)

上新庄ドラム教室のドラム講師「gigi(ジジ)」です!!

f:id:gigi-drum-lesson:20200515212909j:plain

 

本日はドラム演奏でなくてはならないフィルインについてです。

 

 

そもそも、フィルインって?

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 
 

ナビゲーションに移動検索に移動

フィルインFill-In、「埋める」の意)とは、主にドラムセット(広義ではギターピアノ等の伴奏も含まれる)における演奏技法である。 一定のパターン演奏を繰り返す中でパターンの最後、もしくは楽曲の繋ぎ目の1~2小節で即興的な演奏を入れ、変化をつけることを指し、楽曲のスパイス的な意味合いから日本ではオカズと呼ばれる。ポピュラー音楽ではフィルインのフレーズが記譜されている場合もあるが、基本的に奏者のセンスに一任される。概ね、4小節目や8小節目の最後に入れられていることが多いが、特別な決まりはない。

フィルインの役割は主に伴奏にアクセントをつけることで楽曲を盛り上げることにあり、特にAメロやサビに移行する直前にはインパクトのあるフィルインが用いられることが多い。

 

Wikipediaからの引用ですが、こういうことなんですね。

このフィルインの意味って経験者の方でも以外と知らない人もいると思います。。。

つまりは、ドラマーが曲中にやる【なんかすごそうなやつ】が、フィルインってことですね。
初心者の方だと、リズムとフィル」この2セットが出来て初めてドラマー!みたいなイメージを持ってる方が多いと思います。(初めの目標的な?)

 

たしかに、フィルインを入れてこそ!ってところはありますが、フィルインに意識が行きすぎてリズムが疎かにならないようにしましょうね。

 

 

フィルインの選出

経験者のみなさん、このフィルインってどうされてますか?

・思いついたものを叩く?
・自分のフィルネタ帳から引っ張ってくる?
・自分の中のスタメン的なフィルがあってそれを使う?
・色んな音楽聞いて参考にする?

 

様々ですが、菅沼孝三さんとかはフィルインネタ帳があるみたいですね。さすが手数王!!(実は僕もドラム道場出身)

 

色んなフィルがありますが、今回は「これが王道!!これを使えばひとまず間違いなし!」っていう王道フィルインのご紹介になります。

 


【王道フィルイン第4選!】ドラム上達のススメ LESSON #7

 

#1 や・き・に・く ※2:56~

はい!一つ目はやきにくです。笑
いきなりふざけてる感じで申し訳ございませんが、こっちは大真面目です。

というのも、フレーズってまず「声に出して歌えるか?」っていう考え方があります。リズムもそうなんですが、頭の中と体でしっかり理解していれば必ず叩けるっていう意味で、理解するためにフレーズを歌うんですね。

今回は4音の内容なので4文字であれば何でもいいです。僕はやきにくだっただけです。笑

 

まずフレーズはこんな感じです。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200515220044p:plain

※動画内 2:56~

両手交互に、「右・左・右・左」

交互に叩く以外、他の注意事項は考えなければ非常に簡単な内容です。
ただ、ここを原点に【右左交互に叩く】ということを必ず癖付けてください。

 

もっと言うと、交互に叩く奏法をオルタネートというのですが、オルタネートには2つ内容があり、今回はナチュラルスティッキング】を身につけてほしいというポイントがあります。これはすごく意識しておいてください。

叩き方は、動画を見て頂きたいのですが、これを曲で使うとどんな感じか!?という参考動画を以下にはりつけますね。ゴールのイメージがないとね。

たまたま、Official髭男dismを聞いていたので笑
この動画の【0:20】からきいてみてください。(この曲は基本このフィル使ってますね)


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

 

 僕のレッスン動画でも、4:14~から実演してますので、そっちもチェック!!

 

#2 パトカー ※5:20~

はい!これは王道中の王道です!!
一番オールマイティー(どの曲にも基本合う)で一番使われているフィルじゃないでしょうか??

他の言い方で「タカトン」って言ったりもします。笑(こっちの方が主流?)

※レッスン動画内  5:20~


【王道フィルイン第4選!】ドラム上達のススメ LESSON #7


これも譜面で見ると以下の内容ですね。

f:id:gigi-drum-lesson:20200515220056p:plain

ここから先ほど言ったナチュラルスティッキングのオルタネート】で考えていきます。

先ほどのやきにくの4音に番号をつけたとすると1・2・3・4になりますよね?
この1~4で今回のパトカーを考えると1・2・3のタイミングの音になるんです。

つまり、「右・左・右」という手順になります。
この手順、最初は意味が分からなくてもいいから絶対覚えてください。

そして、お気づきの方もいるかもしれませんが、3つ目の音(カーの部分)は8分音符になっているのです。
つまり1つ目2つ目の音より「長い音」を使っているんですね。

これは音価といいまして、音の長さのことです。つまり、長い音を使っているのでカーで音を伸ばしていたんです。

 

これも参考動画をみてみましょう。

動画 2:30~


『鱗』 秦基博 - ap bank fes '11 LIVE

 

このドラマーの方、すごく有名な方で僕も大大大好きなドラマーなんですが、この方が使うフィルは大体これです。笑(でも、かっこいい)

 

まとめ

さて、まだ2つしか書いていないんですが、思いのほか長くなってしまったので次回のブログで書いていこうと思います!!笑

王道フィルイン、残り2つはまた次回!!また見てください~

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【オンラインドラムレッスン】Skypeを使用してドラムオンラインレッスンをする方法!!

どうも、こんにちわ!!

上新庄ドラム教室です!!


今回は再び【オンラインレッスン】についてです。
以前、ZOOMでのオンラインレッスン方法という記事を書きましたが、

 

gigi-drum-lesson.hatenablog.com

 

今回は何年も前からあったサービスのSkypeを使用してオンラインレッスンをする方法になります。

 

 Skypeについて

Skypeというと、結構前のサービスですが知らない人はほぼいないんじゃないかな?というくらい以前はみんな使用していたと思います。

というのも当時無料で通話出来るというのが結構画期的だったと思うんですね(僕だけ?)
ただし、最近の若い方はもしかしたら知らないかもしれません。

スカイプ同士であれば、

・音声通話
・インスタントメッセージ
・ビデオ通話
・画面の共有

を無料で利用することができます。

また、固定電話や携帯電話への通話も可能です(有料)。
ビジネス利用もでき、投票やQ&A、インスタント メッセージの機能を活用することで会議室に集まらなくとも効率的な会議ができるので、会社などで今でも多く利用されていると思います。

つまりは今のLINEみたいな感じですね!

利用者も世界で約4000万人が利用しているようです。

 

初期設定や使い方など

ZOOMの時は細かく導入方法も記事で書きましたが、今回のスカイプは割愛させていただきます。
※もし、どうしても分からないという方はネットでSkype 使い方】とかで検索してみてください

すでにダウンロードして利用できる状態になっているという流れで進みますね。

まず、Skype IDが必要になります。(Skype名やアカウントと言ったりもします)

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000154p:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000147p:plain

Skypeを立ち上げたら、【設定】を開きます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000200p:plain


設定メニューの、【アカウント&プロフィール】を開きSkype名】と表示があるところがSkype IDになります。

これを通話をする相手に伝える。もしくは相手のSkype IDを教えてもらって検索する

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000204p:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000212p:plain

検索すると赤枠のSkypeディレクトリ」というところに検索結果が出てくるので、クリックし追加をする。
※画像はテストで検索しています。僕はgigiというアカウントではありませんよ。笑

これで相手と繋がった状態になります。

 

後は、相手に電話を掛けるだけです。

 

もし相手を検索出来なかったら?

万が一、検索出来ない・してもらえない。ということになった場合は以下の通りに確認してください。

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000216p:plain

設定から【連絡先】を開き、【プライバシー】をクリックします。

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000221p:plain

赤枠の「検索結果に表示する」オンにしてください。

オンになっているのに検索出来ない場合は、単純に入力したアカウントが間違ってなかったかよく確認してみてください。

これでも検索出来なかった場合は、なぜかは分かりませんのでSkype側に一度問合せてみてください。

オンライン環境について

基本的にオンラインレッスンについては、どのアプリ/サービスを使っても仕組みは同じで、

・自分はどういったドラム環境なのか
・エレドラなどの環境であれば、インターフェースなどは問題ないか
・インターネット環境はどうか
・相手のドラム環境、インターネット環境も問題ないか

です。

以前の記事にもありますので参考までに。。。

 

gigi-drum-lesson.hatenablog.com

 仕組みはすごく単純なのですが、要は上記2つ目の「インターフェース等の環境が利用するアプリ/サービスで使用出来るのか」が重要です。

こればかりは色んなインターフェースがあり、全てで検証する時間もお金もないのでご自身の環境で調べてみてください。。。(ごめんなさい!

 

※例えば、SkypeとかZOOMとかのアプリ名とオーディオインターフェース名などで知らべてみてください。

これさえクリアできれば、ほぼ出来たも同然です。

あとは、Skype内のマイクやスピーカー等の設定を確認しておきましょう。

f:id:gigi-drum-lesson:20200511000227p:plain
※画像は、たまたまマイク設定とかしていないPCで操作していたためマイクやカメラにデバイスが表示されていませんが、通常は何かしらの表示があると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
理解が出来ていれば非常に簡単で、最低限の設定も難しいことはないと思います。

ただし、自分の経験上ですが、Skypeは通信環境に影響されやすいです。
少しでも不安定になると、映像が止まったりカクついたり、ラグが発生したり。

そういったところでZOOMって非常に優れていると思います。安定性が抜群にいい。

でもZOOMにはセキュリティーで不安な面もあるようなので、インターネット環境がいい方はSkypeでレッスンするのも非常におすすめです!

 

是非試してみてください!!

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【ドラムをゼロから始める人】が やるべき最初の4ステップ!!

こんにちわ!上新庄ドラム教室のgigi(ジジ)です!!

今回は、ドラムを始めたいと思っている人がスタートするための4ステップをご紹介したいと思います。

 


【レッスンPV】誰でもドラムが上達!プロが教える「上新庄ドラム教室」

 

 

ドラムを始めるために

今回のブログは、全くの経験がゼロの方がドラムを始めるために、「何からすればいいの?」「何から用意すればいいの?」なんて疑問を解決するために読んで頂ければと思います。

今回の疑問ってすごくよくある内容で、色んなドラム講師の方が「初めはスティックなくてもイメージで練習しよう!」や、「手でも叩けば音が出るからまずは音をだそう!」その他に「スティックさえあれば、君はもうドラマーさ!」なんて回答をしていると思います。

実は僕もそっち派で、難しく考えなくてもスティックさえあれば何とかなるよ的な考えが根底にあります。笑

しかし、今回はそういった話ではなく現実的な話で、右も左も分からない方が、何から始めて、何をすれば何になるのかがわからないってところでのブログになります!

 

f:id:gigi-drum-lesson:20190709091215j:plain



ステップ1 

さっそくですが、現実的にやっぱり初めはスティックがないと話にならないですよね!?

f:id:gigi-drum-lesson:20200508230822j:plain



ということで、まずはスティックを用意しましょう。
スティックを用意する方法としては別の記事でも書いているのでそちらを読んでください!

 

gigi-drum-lesson.hatenablog.com

 

要は、近くに楽器屋があるのであればそこで買うかないのであればネットで買う。のどちらかになります。

まずはスティックを用意しましょう!!

ステップ2

スティックが用意出来た、次は【ドラムを練習する(叩く)環境を準備しよう!】です。
やっぱり叩かないと上達は出来ないですからね!

ただし、これは「ドラムセットを用意してください」というわけでなく、「あくまでスティックを振って何かを叩くことが出来る環境」を準備するということです。


例えば、

・自宅の自分の部屋とかでスティックで叩いてもいい枕を用意する
・練習パッドを買う(ネットとか楽器屋とか)
・近くの音楽スタジオを調べる

とかです。
基礎練習とかであれば必ずしもドラムセットじゃなくてもいいので、スティックで叩いていい場所/物を準備する必要があります。

f:id:gigi-drum-lesson:20200508230828j:plainf:id:gigi-drum-lesson:20200410211025p:plain



出来れば、基礎練習以外はドラムセットがあった方がいいのでスタジオなのかご自宅で電子ドラムなのか、、、そこはご自身の負担にならない方でご検討頂ければと思います。

※僕の生徒さんはご自宅に段ボールとかで簡易のドラムセットみたいなものを作って、そこで練習しているそうです。
昔よくあった、ジャンプとかの厚い雑誌を束ねてドラムセットにするっていうのは知り合いでも多くいましたね。笑

 

■まとめると、基礎練習であれば何でもいい。リズムの練習、曲の練習などはドラムセットが必要かと思いますので、自作DIYドラムセット、スタジオで生ドラム、自宅で電子ドラムをご準備していただくというところです!

 

ステップ3

さてさて、スティックも用意出来た。そしてドラム練習する環境も用意出来た。

この次は何をすれば?っていうところですが、いよいよドラムっぽい内容になります。


スティックの持ち方


という内容になります。

このスティックの持ち方って講師によっては、「なんでもいいよ」「持ちたいように持って」って教える講師もいます。
僕もそっち派ではあるのですが、一応ちゃんとした持ち方の方が上達しやすいというのがありますので、その説明ですね。

細かくはコチラの記事と、動画の方でしっかり説明していますが、

gigi-drum-lesson.hatenablog.com


【上手くなるスティックの持ち方】ドラム上達のススメ LESSON #1

 

スティックを持つときに、支点と力点を作る必要があります。この二つのポイントで実際に叩くスティックの先端部分である作用点が機能します。

・支点 = 人差し指(もしくは中指)と親指
・力点 = 残りの三本指(中指、薬指、小指)

このポイントを押さえて上記の記事で練習してみてください!
※以下の写真も参考に

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110210j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110645j:plain

ステップ4

さぁ!いよいよ最後です!!

初めに練習するものって講師によって様々ですが、今回このブログでは一番初めに【8ビート】っていうリズムパターンを叩いてみよう!!って内容にします!

この8ビートというのは、世の中のほとんどの音楽で使われているリズムパターンになります。ジャンルによってはニュアンスを変えてあげることにより様々な可能性が出てくるリズムパターンです。

是非チャレンジしてみてください!!


【8ビート】ドラム上達のススメ LESSON #6

 

まとめ

如何でしたでしょうか??

ドラムをゼロから始める人がやるべき最初の4ステップ!!これをきちんとやって頂ければ、極論一日で曲に合わせてリズムを叩いて楽しむことが出来ます。

ドラムってたしかに難しいんですけど、考え方によっては一番簡単な楽器でもあります。(こんなこと言ったら誰かに怒られそうですが、、、笑)

要は、ドラムは他の楽器と違って一つ覚えただけで楽しめることの数がかなり多くなりますよってことになるので、是非みんなドラム初めてほしいです~♪

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【ボース】ダジャレみたいだけど重要なトレーニング

どうもこんにちわ!!
大阪市東淀川区にある上新庄ドラム教室のジジです。
【GIGI】DRUM LESSON BLOGをご覧頂きありがとうございます。

数あるドラムレッスンブログの中から、僕のブログを見つけて頂き感謝します。
本当にありがとうございます。

今回は手も足も同時にトレーニングしますよ!
「ボース」といいます。

坊主じゃないですよ(笑)なんつって。


【ボーストレーニング】ドラム上達のススメ #5

 

 

ボースとは

日本ではよく「ボース」というのですが、正確にはboth trainingといいます。
まずは以下の譜面を見ていただきましょう。

f:id:gigi-drum-lesson:20200503235257j:plain


やるだけであれば非常に簡単な内容になります。両手両足を同時に連打します。
基本的には、「8分音符で手と足を同時に叩く」という内容で、

・右手=フロアタム
・左手=スネア
・右足=バスドラム
・左足=ハイハットペダル

足については、出来ればハイハットバスドラムも踵を上げて、ヒールアップで踏みましょう。
(慣れてきたらヒールダウンでやるのもいいでしょう)

これだけなんです。笑

ボースの練習方法

ボースの内容がわかったところで、次にこんな簡単な内容でどう練習するのか?というところに進みましょう。

では、メトロノームを準備して頂いて、まずはテンポ90くらいでやってみましょう。
※動画内1:03~


【ボーストレーニング】ドラム上達のススメ #5


どうでしょうか?きつくないですか?笑
でもボースってもうこれだけなんです。(笑)

ただし、練習するポイントは

・重音(同時に音を出す)
・腰に置いた重心をキープする
・足のキープ力・コントロール

を鍛えます。

ドラムって手足バラバラに動かすのが難しいというイメージがありますが、逆に「同時に叩く」というのも非常に大事なんです。

まずは出来るスピードからでいいので、ちゃんと同時に叩けているか。少しでも音がズレていないか。完璧に同時に叩けているかというのを目指して練習してみましょう。

その他の練習

では、フィジカル的なトレーニングを紹介したので、他のボースの練習方法も紹介します。
ここからは、少しずつ手足バラバラというのに近づいてくるのですが、先ほどの練習でのポイントはしっかり意識してやりましょう。

その1

f:id:gigi-drum-lesson:20200503235244j:plain

手と足の音符を変えてみるという練習です

その2

f:id:gigi-drum-lesson:20200503235248j:plain

ベースは4分音符にし、8分音符でチェンジしていくという練習です


その3

f:id:gigi-drum-lesson:20200503235251j:plain

ベースは8分音符にし、8分の裏でチェンジしていくという練習です


その4

f:id:gigi-drum-lesson:20200503235239j:plain

※ベースは4分音符にし、2拍3連で移動していく(全部書くとぐちゃぐちゃになるので2拍3連の部分のみにしてます)

他にも、考えれば無限で練習方法はあるかもしれませんが、例をあげると上記内容になります。
これが出来ると、テクニック的に急激にうまくなるというわけではありませんが、演奏が安定し、同じビートでもかっこよく聞こえてくるようになります。
地味ではありますが、すごく大事な基礎練習になりますのでしっかり練習しておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ちゃんと腰に重心を置けているか?というのがとても大事になってきます。
また、モーション(動き)でリズムを感じるのではなく、自分が叩いて出た音を基準にリズムを感じるということも身につけなければいけません。

まずはゆっくりのテンポでしっかり耳で感じながら練習していきましょう。

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【以外と重要】キックの踏み方でサウンドに変化をつけよう!!

どうもこんにちわ!!
大阪市東淀川区にある上新庄ドラム教室のジジです。
【GIGI】DRUM LESSON BLOGをご覧頂きありがとうございます。

数あるドラムレッスンブログの中から、僕のブログを見つけて頂き感謝します。
今日はバスドラムの踏み方」についての内容を書いていきます!

 

 

バスドラムについて

バスドラム(バスドラ)・ベースドラム(ベードラ)・キック、など呼び方は色々あり、ドラムをしたことがない人でも、ドラムセットというものを想像したときにイメージする太鼓だと思います。

f:id:gigi-drum-lesson:20200424212430j:plain


もうお分かりの通り、こちらは右足でペダルを踏み、音を鳴らします。
実は、この踏み方にも奏法があり、ただ踏めばいいというわけはありません。
「良い音を鳴らす」「大きい音を出す(小さい音を出す)」「早く動かす」これらを身につけて初めてかっこいいドラムの演奏になりますし、これらの要素は周りのミュージシャンがドラマーに求めていることでもあります。

キックの踏み方

まず、初めに覚えてほしいのが、「足に重心を置かない」です。

動画では少し違う言い方をしているのですが、基本的にはこの考え方で覚えてください。
足に重心を乗せてしまうと、上手く踏むことが難しくなります。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200424212802j:plain


重心は腰に置きます。
ペダルについているバネの力を利用することで、簡単に音が出せます。そしてそこに足の体重を乗せることで、音量はしっかり出ます。

ここで「ん?」となった方がいるかもしれませんが、この「重心」「体重」の違いはしっかり意識してくださいね。「身体を支えるのは足ではなく腰」ということを意識してください。

そして、力を伝える場所についてですが、親指の付け根の「膨らんだ部分」。母指球(ぼしきゅう)という部分に力を入れるイメージで踏みましょう。
ペダルの下から2/3くらいの位置にこの母指球を置き力を加えます。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200424213218j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200424213213j:plain


踏み方の奏法

では、続いて奏法についてご紹介します。
大きく分けると

・ヒールダウン奏法
・ヒールアップ奏法

の2種類に分かれます。
(細かく分けると、タップ奏法やオープン奏法などあったりしますが)


【キックの踏み方でビートが変わる!】ドラム上達のススメ LESSON #4

それぞれメリット・デメリットがありますが、大きな違いは「使う筋肉」でしょう。

ヒールダウン→「すね」
ヒールアップ→「足の付け根」

にかかる負担が大きくなります。

僕は統計をとったわけではないのですが、色んなところで言われているのはヒールアップで演奏するドラマーの方が圧倒的に多いというところです。

その理由としては、ヒールアップの方がヒールダウンよりも体重を掛けやすく、大きな音が出しやすい為です。
特にハードロックやへヴィメタルのドラマーは、ほとんどがヒールアップでしょう。

しかし、かかとを浮かせる分だけ、体のバランスが崩れやすく、重心が足に行きがちというデメリットもあります。
それに対して、ヒールダウンは、主にジャズ等のジャンルで用いられる奏法です。

かかとをつけているので安定しやすく、体全体のバランスは取りやすいというメリットがあります。
その反面、すねの部分にかかる負担が大きいので、大音量のライブ等での長時間演奏は
相当な体力・訓練が必要となります。

 

まとめ

いかがでしたか?
理想はどちらも使えるのがいいのですが、おそらくこのブログを読んでいる方は、ポピュラーミュージックよりな方だと思います。

なので、基本はヒールアップ奏法を練習しましょう。
もし「自分はジャズを始めたくてこのブログを読んでいる!」なんて方がいたらヒールダウン奏法をおすすめします。
(僕はジャズのときも基本ヒールアップで演奏しますが…)

 

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【オンラインドラムレッスン】Zoomの使い方や操作方法について

どうも上新庄ドラム教室のgigi(ジジ)です!

今回も引き続き、オンラインレッスンについてなのですが、最近流行ってきているZoomを使用してオンラインレッスンをすると考えている人のために、使い方やインストール方法などの解説が出来ればと思います。

 

 

 

Zoomって何?

Zoomというのは、PCやスマホを使って、セミナーやミーティング的な会議をオンラインで行うために開発されたアプリです。
そして、このZoomの優れているところは、100人まで同時にビデオ通話が出来るという点です。

このビデオ通話というメリットが高く評価され、学校のオンライン授業、ミーティングや打合せなどの会議、複数の友人とのビデオ通話など様々な場面で利用されるようになりました。

習い事などのオンラインレッスンでも使われているというところで、今回ドラムレッスンでも使用していきたいなと思っています。


使い方について

まずZoomを利用するためには、以下の公式サイトにアクセスし、アカウントを作る必要があります。
無料版がありますので、ご安心ください

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

Zoomのサイトにアクセスすると、以下のようなページが表示されます。
「サインアップは無料です」をクリックし、アカウント作成画面に進みましょう。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212459p:plain

次に生年月日と登録メールアドレスの入力画面になります。
それぞれに入力をして進みます。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212506p:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212511p:plain


以下の画面になったらメールを確認します。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200423103728p:plain

 

メールを開くと、アクティベートしてくださいという内容のメッセージが表示されていると思いますので「アクティベートなアカウント」(メールによっては違うメッセージの可能性あり)というボタンをクリックし、アカウントを認証します。
本人が操作してるよっていう証明をする

f:id:gigi-drum-lesson:20200423104142p:plain


アクティベートすると、以下のような画面が出てくる場合があります。
恐らく、学校とか組織とかの代表者ですか?的なことだと思うので、いいえで進みましょう。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212526p:plain

 

次はアカウント情報を入力します。先ほどのメールアドレスもそうですが、ここで一旦、登録情報をメモしておいてください。
絶対、後々PWとか忘れるので

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212531p:plain


↓ 以下の画面はスキップで構いません。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212537p:plain

 

ここまで来れば登録自体は出来ていますが、利用する為のアプリをダウンロードします。
Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックしてください。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212543p:plain


すると、以下のようなページが表示され、ダウンロードファイルの保存先も出てきます。
このときに.exeのファイルをダウンロードするのですが、なるべくCドライブにダウンロードしてください
ダウンロードが完了すれば、Zoomが自動的に立ち上がります。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212548p:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212553p:plain


自分で会議を開く方法

初めはこのようなページが出てきますが、オーディオに参加を押してもいいし、旦閉じてしまって大丈夫です。
(僕はテスト用でサブのマイクがないPCでダウンロードしているので以下のような表示になってしまっています。。。)

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212557p:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200423105015p:plain

 

デスクトップにZoomアプリのアイコンが出ていると思うので、もう一度アプリを開くと以下のようなページが出てきます。
まずは、サインインしましょう。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212607p:plain

 

すると出てきたのが、Zoomのホーム画面になります。
ここから、利用する方法ですが、

「自分で会議を開く方法」
「人が開いている会議に参加する方法」

の二つがあります。まずは、自分で会議を開く方法をご説明します。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212611p:plain


1番をクリックすると、以下のようなページが表示されます。
画面下の参加者の管理をクリックします。

f:id:gigi-drum-lesson:20200423105420p:plain


右側に出てきたページの下の方に招待というところがあるので、そこをクリックします。

f:id:gigi-drum-lesson:20200423105449p:plain


今回はメールで招待という方法をご紹介しますので、メールを選択し招待をコピーをクリックします。
次に自分のメールアプリを開き、招待したい人を宛先に入力してから本文に先ほどコピーしたものを貼り付けます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200423105550p:plain




相手がメールを受け取り、URLにアクセスしてくれば以下の表示が出てきますので許可をクリックします。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200423105642p:plain

 

以上で、ビデオ通話をしている状態になります。

 


自分が相手の会議に参加する方法


続いて、相手の会議に参加する方法になります。
先ほどのように招待メールが届いた場合は、そのままメールのURLにアクセスすればいいのですが、
そうじゃない場合は、2番をクリックします。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212611p:plain


すると、以下のようなポップアップが出てきますので、相手から教えてもらっている、ミーティングIDを入力します。
次に進むと、パスワードも求められるので、それも相手から教えてもらったものを入力します。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422213839p:plain


参加する場合は以上です。
これだけで相手の会議に参加することが出来ます。

 

必須で変更する必要がある設定

最後にZoomを使ってドラムのオンラインレッスンをする場合に変更しないといけない設定があります。

以下の表示で、オーディオに参加をクリックしオーディオの設定を選択します。

f:id:gigi-drum-lesson:20200423111123p:plain


設定の画面が開きましたら、次に赤枠のところが自分の設定したい表示になっているか確認し、なっていないのであれば変更します。(インターフェースやWebカメラを使っているのであれば)

f:id:gigi-drum-lesson:20200423110133p:plain

 

次に先ほどの写真の緑枠の部分をクリックします。
すると、以下の表示になるかと思います。

f:id:gigi-drum-lesson:20200423110141p:plain

 

「連続的な背景雑音の抑制」「断続的な背景雑音の抑制」この二つを「無効化」にしてください。
この設定を変更していないと、会話以外は全て雑音と判断されミュートされてしまいます。なのでドラムを叩いた瞬間無音になるという現象が起こります。

必ず、無効化にしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか
アカウントの作成については、少し手間を感じるかもしれませんが、その後の使い方はそんなに難しくありません。
カメラの設定もマイクの設定も後々出来ますので、是非Zoomを取り込んでオンラインレッスンしましょう!!

ドラムでレッスン受けてみたいなというかたは是非是非お問合せください!!
一緒にドラムを楽しみましょう!!

 


ホームページもみてね

www.gigidrum.com


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【オンラインドラムレッスン】ZoomとかLINEなど、オンラインレッスン出来るアプリについて

どうも!上新庄ドラム教室のgigi(ジジ)です!

今回は以前オンラインレッスンについての記事を書きましたが、その続きの内容になっています!

gigi-drum-lesson.hatenablog.com

 
各アプリでのオンラインレッスンの方法に関しては、また別記事で細かく書いていこうと思いますが、まずオンラインレッスンって何でするの?ってところの紹介になります。

今回紹介しているもの以外でも出来るかもしれませんが、今僕が確認出来ている方法になりますので、もし他の方法があればコッソリ教えてください。笑

 

 

Zoom

まず最近流行りの「Zoom」です。

Zoom は、最大1,000名まで参加可能なWeb会議を開催できるサービスです。
この大人数で利用できるという点が、みんなが使っている理由の一つですね。

niconicoが流行っていたときは、「Skype」で大人数通話したこともありましたが、それはあくまで通話のみ。
Zoomは【大人数でビデオ通話が出来る】という点が素晴らしいです。

ただし、Zoom の利用には会議の主催者だけではなく、参加者もデバイス (PC / スマートフォン / タブレット) にアプリケーションをインストールする必要があります。

詳しくは、こちらをご確認ください。

 

gigi-drum-lesson.hatenablog.com

 

簡単に説明すると
1、https://zoom.us/jp-jp/meetings.htmlにアクセスする
2、Zoomアカウントを作成する
3、メールアドレスとか名前とか色々入力する
4、登録が出来たらZoomのアプリをインストールする

です。手順的にはすごく簡単ですが、おそらく2番3番がめんどくさいというか、難しいかもしれません。

上記準備が出来ましたら、実際にビデオ通話を行うのですが、一つ設定を変更してほしい内容があります。
アプリを立ち上げ、設定の中のオーディオ関連のページで「雑音の抑制」のところを無効化にしてください。


この設定、要は「会話以外は雑音と見なして、ミュートしますね」っていう設定です。
この設定を機能させたままだと、ドラムを叩いた瞬間、自分の音がミュートされてしまいます。(こういうときのシステムって変に賢いんですよね…)

後は、PCであればカメラがあるか、エレドラであればインターフェースで繋げてるか、無いのであればエレドラをスピーカーもしくはアンプから鳴らしてレッスン出来るかっていう確認をお願いします。

 

 

LINE

今や国民の7割8割が使用しているというSNS
皆さんご存知の最強のアプリなんですが、これも一応ビデオ通話でレッスンが出来ます。

ただし、これだと生音になる可能性が高いです。
一応僕もレッスンで使用したこともありますが、PC版でログインしビデオ通話をすると「スピーカー」と「カメラ」の設定は出来るのですが、「マイク」の設定が出来ない。

これはもしかすると、僕のPCが悪いのかインターフェースが悪いのか、一時的な不具合なのかは分かりませんが、マイクの設定が出来ず、PCの内蔵マイクが起動してしまいます。

スピーカーから音が出せる環境であればさほど問題ないかもしれません。
基本的にはみんなもっているアプリかと思うので、一番簡単ですぐ出来るものですね。

 

Skype

昔すごく流行りましたよね。現在のLINEやZoomなどのサービスの原点なんじゃないかなと思います。

これも基本的にはアプリが必要です。
(Zoomに対抗して?(らしい)、WEB版SKYPE的なサービスでアプリ無しでも利用できるサービスが最近始まりました)

初期設定はZoomよりちょっとめんどくさいかもしれません。
これもネットで「Skype 使い方」などで調べて頂ければと思います。

僕もSkypeの仕組みが良く分かっていないのですが、マイクとかカメラの設定はすごく簡単なので、一度使用できる状態まで持ってこれれば後は楽勝だと思います。

 

ただし、Skypeのデメリットは、通話が通信環境にすごく影響されやすい。

例えば、ちょっと電波が悪かったりすると、映像がカクついたり、止まったり、、音が途切れたり。。。レッスンをするにはちょっとストレスになるかなと思います。

使い方は簡単というのと昔流行ったからか、以外と持ってる人もいたのでレッスンに導入しやすいかと思います。

 

ココナラ

最後に今僕もメインのオンラインはこちらを使用しているのですが、ココナラというスキルマーケットサービスの一つです。

少し前に「自分のスキルを売って副業する」というのが流行ってたと思いますが(今もかな?)、その中でも仕組みが分かりやすくて利用しやすかったので、今はこちらをメインで利用しています。

※ココナラ限定、オンラインレッスン1000円引きです

https://coconala.com/services/741576

レッスン料のやり取りが運営を仲介しますので、生徒さん的には安心できるのかなと思います。

ただし、ビデオ通話サービスがまだまだ満足に利用出来ません。
映像が止まったり、音声が出なかったり。(これは恐らくこれから改善されていくのかなと思います。)

また、カメラ・マイクの設定が出来ません。しかも、対応デバイスとかも記載がないので試してみないと反応するかどうかが分からない。

例えばオーディオインターフェースを買ってみて、接続すると反応しなかった。。。など問題があります。

レッスンとしては致命的なデメリットがありますので、ゆくゆくはZoomをメインに考えていこうかと思っています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の内容自体が見切り発車だったので、まだまだ修正をしないといけません。
ゆっくり、満足してもらえる記事に修正していきます。。。笑

 

今回は他の講師さんにも参考になる内容かなと思うのですが、あくまで利用者様向けのブログにしています。
何かご不明点があればご連絡頂ければと思います。

 

オンラインレッスン受付中!!!


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum