大阪上新庄ドラム教室

ドラム上達のススメ

【今日から使える】Fill in Stock #11~#15

みなさん!!こんにちわ!!!

大阪市エリアにある上新庄ドラム教室】ドラム講師「gigi」です!!


【レッスンPV】誰でもドラムが上達!プロが教える「上新庄ドラム教室」

 

今回は、フィルインストック集の第3弾になります。

 

このシリーズは【すぐ使えそうな参考になるようなフィルを目指して作っています。
よかったらチェックしてみてくださいね!!


【今日から使えるフィルイン】Fill in Stock #6~10

 

#11 パラディドルはこうやって応用するってフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200703172807p:plain


こちらは6連パラディドルの応用版です。

足のダブルがしっかり出来るかどうかというところがポイントです。

フレーズ的には結構激し目になるので、そのまま使うのであれば使い所は限られてきますが、太鼓以外でハットや何か飛び道具などで叩く場所を変えてあげると色んな場面で使えると思います。

 

 

#12 3つ割りフレーズの王道的なフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200703172820p:plain

前回ブログでのフレーズでもありました3つ割りです。

内容自体はそんなに難しくないと思いますが、拍を見失わないようにカウントをしながら練習してみましょう!

 

 

#13 32分音符の6つ割りフレーズ

f:id:gigi-drum-lesson:20200703172831p:plain


先程の奇数割りフレーズをさらに細かくしたバージョンです。

正確にいうと32分音符の6つ割りになっています。

これはスネアとキックのみですが、叩く場所を変えるともっと難しくなると思います。必ずカウントをしてゆっくりから練習しましょう!

 

 

 

#14 人力ディレイ的なフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200703172841p:plain


よくある人力ディレイ的なフレーズです。

フラムの感覚をしっかり統一させないとディレイ感が出ないので、そういったルーディメンツの練習にもなりますし、デクレッシェンドをしながらリズムキープもしないといけないので実はすごくトレーニングになります。

使い所はセンス次第ですね。笑

 

 

#15 違和感があるリニアフレーズ

f:id:gigi-drum-lesson:20200703172851p:plain

6連をテクニカルっぽくきかせるリニアフレーズ。

左から始まりつつ、アクセントは右手になるのではっきりリズムの違和感を出してあげましょう。

ズレてるような違和感がこのフレーズのポイントです。

 

 

まとめ

さて!いかがでしたでしょうか??

今回は独特なフレーズが出てきたり使い所が難しかったりしたかもしれませんが、引き出しとしては持って損はないフレーズたちです!

 

是非、使ってやってください!!

 

#100までやろうと思っていますので、これからもチェックお願いします!!

 

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【ドラムが上手くなる為の必須練習!!】チェンジアップの練習方法について

初めまして。
大阪市東淀川区にある上新庄ドラム教室のジジです。
【GIGI】DRUM LESSON BLOGをご覧頂きありがとうございます。
数あるドラムレッスンブログの中から、僕のブログを見つけて頂き感謝します。
本当にありがとうございます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212642p:plain

今回は、「チェンジアップ」です。


ドラム経験者の方であれば、一度くらいは聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?あっ!野球の球種ではないですよ!(笑)

ストロークと同じく初めの段階でとても重要な練習で、プロドラマーですら、このチェンジアップはずっと練習項目に入っている程、突き詰めると難しい内容です。


【みるみるリズム感上達!】ドラム上達のススメ LESSON #10

 

チェンジアップとは

まず、気になる名称ですが、チェンジアップのチェンジとは『音符を変える』という意味です。もしかすると音符を変えるということ自体、クエスチョンな方もいるかもしれません。

4分音符や8分音符、16分音符などは全て音の長さを指定するものです。
(決して時速何キロみたいな速さを表しているわけではありません)


一定のテンポで叩く音符を変える、「チェンジ」するという練習です。


そして、チェンジアップのアップは『音符を増やす』という意味です。
今回からは譜面も出てきますので、まずは動画をチェックしてみてください。


【みるみるリズム感上達!】ドラム上達のススメ LESSON #10



チェンジアップとは、「一定のリズムの中で、音符を変えて(増やして)い」練習です。つまりは「リズムキープ」の練習なのです。

これが出来ない方や、疎かにしてきたドラマーは恐らくリズムキープがしっかり出来ていない恐れがあります。

チェンジアップの練習方法

f:id:gigi-drum-lesson:20200703162008j:plain

目標としては上記画像の練習が好ましいです。
実は、音大の受験やオーケストラのオーディションなどの課題として使われるメニューでもあります。

つまり、それほど重要な内容で、基礎力を身に付ける為にはとても効果的な練習です。

しかし、初めのうちはこの内容をそのままするのはまだ難しいので以下の内容で練習してみましょう。

f:id:gigi-drum-lesson:20200703162113j:plain



初めのブログでメトロノームは必須で準備をしましょうと書きましたが、用意は出来ていますか?

 

gigi-drum-lesson.hatenablog.com

 

もし出来ていない方は、携帯アプリでダウンロードできます。なんでもいいので、メトロノームアプリをダウンロードしましょう。

アプリやメトロノームを用意できているつもりで進めます。まずアプリ(もしくはメトロノーム)を開くと数字が表示されていると思いますが、その数字を「60」にしましょう。

チェンジアップのレベルアップ

■動画内 2:40~


【みるみるリズム感上達!】ドラム上達のススメ LESSON #10

まずはこの60というスピードで練習してみましょう。
慣れてきたら、徐々にテンポを速くして練習してみてください。

また、動画後半のようにキックを入れながら練習が出来れば、更に上達しやすいと思います。
なぜかというと、メトロノームで一定のテンポを刻んでいる状態だと思いますが、更に体で一定の音符を崩さず感じるために右足のキックで4分音符を刻む練習を同時にすると効果アップです。

可能であれば左足で2拍目・4拍目を刻むともっといいでしょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?

まずは、メトロノームのタイミングと、叩いた音がちゃんとユニゾンするように練習しましょう。
ジャストのタイミングを体に入れる事が大事です。
もっと慣れてきたら、32分音符までバージョンも練習してみましょう。

次回はチェンジアップの応用練習について書いていこうと思います。
よろしくお願いします!

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【続編!!】えっ!?(笑)ドラムに譜面なんてあるの??

どうもこんにちわ!!
大阪市東淀川区にある上新庄ドラム教室のジジです。

【GIGI】DRUM LESSON BLOGをご覧頂きありがとうございます。
数あるドラムレッスンブログの中から、僕のブログを見つけて頂き感謝します。
本当にありがとうございます。


【ドラム譜を覚えよう】ドラム上達のススメ LESSON #8


さて!今回も前回に引き続き譜面についてのお話が出来ればと思います。
もし前回のブログを読んでいない方は一度ご確認をお願いしますね!

 

gigi-drum-lesson.hatenablog.com

 

 

 

ドラム譜の読み方

音楽をしていない方からすると、「ドラムに譜面があるの?」なんて思う方もいるのではないでしょうか。僕の周りにもドラム譜の存在を知らない友人はいました。

残念ですが、、でも仕方がないです。。。楽譜自体、普通に生活をしていたら中々出会わないですもんね。

楽譜=メロディー

みたいなイメージが基本だと思います。もしそういうイメージがあれば、やはり打楽器の楽譜をイメージすることは中々出来ないと思います。

まっ!!文字にするよりも実際にドラム譜というものを見てみましょう!

f:id:gigi-drum-lesson:20200524235530p:plain



どうでしょう?結構、普通の譜面のような感じはしませんか?
そして、よく見ると見たことがない音符もありますね。

f:id:gigi-drum-lesson:20200525003615j:plain


これはシンバルなど金物を指定するときに書く音符です。


では、初めのドラム譜の音符を左から説明していきますね。

各記号

f:id:gigi-drum-lesson:20200525010341j:plain

 

では順にいきますね。

 

1、フロアタム
2、スネアドラム
3、タムタム(ハイタム・ミドルタム)

4、バスドラム(ベースドラム)
5、ハイハット
6、クラッシュシンバル

7、ライドシンバル

 

になります。

ドラマーによってセットするタムの数が違いますが、タムは音の高さで横線のラ・ファ・レなどの位置に書きます。


説明の通り、ドラム譜にはドラム譜なりの位置が決まっているのです。

また、五線譜の一番上の段に書いてある×印が、ハイハットなのですが種類があります。

f:id:gigi-drum-lesson:20200525010411p:plain

 

ハイハットは左足でペダルを操作して演奏します(踏んで演奏することもあります。)

単純に閉めて演奏したり、開けて演奏したり、やや開けたり…。この種類を指定したのが「」だったりします。

印無=閉じて演奏(ハイハットクローズ)
○印=開いて演奏(ハイハットオープン)
+印=閉じて演奏(ハイハットクローズ)
半分の〇印=やや開けて演奏

なんだかややこしい、、、(笑)

 

※こちらの動画も参考にしてみてください


【ハイハットコントロール】ドラム上達のススメ LESSON #9

 

その他に、ライドシンバルやクラッシュシンバルにも書き方の種類があります。
(人や教材によって書き方が変わる)

f:id:gigi-drum-lesson:20200525010456p:plain
※クラッシュシンバルの例

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200525010510p:plain
※ライドシンバルの例



また、譜面の中ではあまり見ませんが、ドラムの各名称は基本的に英語表記になったりしますので、以下も覚えておきましょう。


スネアドラム … S.D.
バスドラム … B.D.
ハイタム … Hi Tom
ロータム … Low Tom
フロアタム … Floor Tom
ハイハット … H.H.
シンバル … Cym.
ライドシンバル … Ride

では、最後にドラムを見ながらドラムの演奏を聞いてみましょう。
■動画内  4:00~


【ドラム譜を覚えよう】ドラム上達のススメ LESSON #8

f:id:gigi-drum-lesson:20200525010607j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200525010612j:plain

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

必ずしもドラム譜は読めないといけないということはありません。
プロドラマーでも読めないドラマーもいることはいます。(基本的にバンドマンのドラマーだと思います)

しかし、いわゆるスタジオミュージシャンやサポートミュージシャンのようなセッション系のプロドラマーは読めないと仕事が出来ないので、そういったミュージシャンは基本的にほぼ全員読めるでしょう。

ただ、譜面といっても覚えることはこれだけで、あとは音符を理解していればいいだけなので音楽学校に行かなくても独学で読めるレベルだと思います。
そんなに難しくはありません。

反復記号や速度記号などの演奏記号も知っている必要があるので、それを覚えるとなると独学だけだと、もしかすると簡単ではないかもしれません。

しかし、基本的な演奏記号はまた今後書いていこうと思いますのでご安心ください!
また、音符についてはコチラのブログを読んでください!

それでは、ご質問などがありましたらコメント欄に記入してもらえると嬉しいです!!
よろしくお願い致します!!

 

【今日から使える】Fill in Stock #6~#10

どうも、こんにちわ!

大阪市エリアにある上新庄ドラム教室】ドラム講師「gigi」です!!


【レッスンPV】誰でもドラムが上達!プロが教える「上新庄ドラム教室」

 

今回は、前回のフィルインストック集の第二弾になります。

またまたすぐ使えそうな参考になるようなフィルを目指して動画を作りました。よかったらチェックしてみてくださいね!!


【今日から使えるフィルイン】Fill in Stock #6~10

 

#6 簡単だけどテクニカルっぽく聞こえるフィル ver2

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000103p:plain

今回の一つ目は、コチラ!!

これ、非常に単純な内容ですが、16分音符の3つ割り。ポリリズムともいいますね。

譜面のままじゃなくてもいいのでハイハットを上手く組み込めば、単純な内容でもすごくテクニカルっぽくなります。

この内容は2拍分しかないですが、「キック・右手・左手」の手順を延々と繰り返してみると拍が分からなくなってくると思います。

拍を見失わないようにカウントしながら練習するとリズム感のトレーニングにもなりますよ!

 

#7 コンビネーションフィルの練習になるフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000106p:plain

続いては、使いどころは限られてくるかもしれませんが、いい練習にはなります。

16分音符のキメのようなフレーズの後、急に32分音符が入ってきます。
キックも入ってきているのでフォームが崩れない様にしましょう。

使いどころとしては、ドラムが単独になるような場面で効果が出てくるかと思います。

 

#8 単純だけど色んな場面で使えるフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000110p:plain

これはハネ系のリズムで活躍できるかと思います。

これも手足のコンビネーションフィルなので、フォームが崩れないように、音符がしっかりハマるようにゆっくりから練習してみましょう。

個人的にはハマると、とっても気持ちがいいフィルです。笑

 

#9 32分音符を6つ割りする系フィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000115p:plain

続いて、これは32分音符の6つ割りですね。6連パラディドルのパラディドルディドルの応用パターンを32分音符に置き換えています。

これも使いどころは難しいと思いますが、練習にはなります。笑

ポイントはアクセントとアクセントじゃないところの音量差はハッキリつけてみましょう!

 

#10 そのままリズムにも使える、リニア系フィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000118p:plain

最後はこれ。

このフレーズ、僕の手癖なんですが使い勝手がとてもいいです。
タイトル通り、フィルにも使えるし、リズムにも使える手順。今回はリズム的な使い方をしていますが、そのままフィルとしても使えますので是非みなさんも手癖にしてみてください。笑

 

まとめ

さて!いかがでしたでしょうか??

今回はコンビネーション系多めのフィルになりました。
前回よりは使い勝手は難しいかもしれませんが、とっても練習になります。

是非、使ってやってください!!

 

#100までやろうと思っていますので、これからもチェックお願いします!!

 

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【今日から使える】Fill in Stock #1~#5

どうも、こんにちわ!

大阪市エリアにある上新庄ドラム教室】ドラム講師「gigi」です!!

f:id:gigi-drum-lesson:20200422212642p:plain

 

フィルインって結構悩むときありませんか??
もちろん、悩まずに感覚のみでやっているかたもいるだろうし、自分のレパートリーのみで演奏している方もいると思います。

でも!!

たくさんフィルインの引き出しがあった方がいいなと思って、自分のレパートリーや自分が新たに考えたもの、有名ドラマーの有名フレーズを参考にフィルインというものを考えてみました!!

 


【今日から使えるフィルイン】Fill in Stock #1~5

 

 

#1 さりげなく詰め込みたい時のフィル f:id:gigi-drum-lesson:20200620000039p:plain

はい、まずはこちら。

僕の手癖から思いついた6連のコンビネーションフィルなんですが、詰め込んだ感じになってます。
自分は130~140くらいのテンポでよく使用しています。

これは以外とオールマイティーな何でも合うフィルになっています。
バラード系でも、アップテンポな曲でもだいたいの曲が以外と合います。

ただし、一曲で多用してしまうと良さがなくなると思うのでここぞというときに使ってみてくださいね。

 

#2 パラディドル系で使えるフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000043p:plain

これは、僕がハマっている日本のジャズドラマーが実際にドラムソロでやっているフレーズです。

その際は、だいたい90くらいのテンポで32分音符で演奏していたので、上記譜面の倍ですね。もしくは、テンポ180で上記内容をやっていたって感じです。

そのテンポは速すぎて出来ないですが、ミドルテンポとかでも普通にフィルとして使えるし、「パラディドルってこうやって応用していくんやな」って勉強になったフレーズだったので入れてみました。

1~3拍の左手はゴースト気味にするといい感じです。

 

#3 超ベタベタなフレーズだけど、むっちゃ使えるフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000048p:plain

ザ・フィルイン!!って感じのフィルですよね。

もう譜面をみての通りなので説明は不要だと思いますが、これぞオールマイティーの王様!くらいに僕は思っています。

王道中の王道ですよね。

 

#4 有名ドラマーが良く使うスタンダードフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000052p:plain

僕の大好きなカースケさんが、よく使っていると思います。

3つ割り系のフレーズで一番簡単で使いやすい、かつナチュラルスティッキングの練習にもなるメリットしかない王道フィル。

スロー~ミドルテンポで効果的に使えるかと思います。

 

#5 簡単だけどテクニカルっぽく聞こえるフィル

f:id:gigi-drum-lesson:20200620000059p:plain

これは先ほどと同じようなフレーズにキックを混ぜたフレーズ。

曲調によっては合わないんですが、簡単なのにテクニカルっぽいことをしているように聞こえるフレーズなので、入れてみました。

みなさんも、よく使われているんじゃないでしょうか?

コンビネーション的な練習にもなると思うので是非練習してみてください。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

フィルって結構、発想がなくなってしまったりするときがあると思います。

そんなときの参考になれればと思っているのですが、楽しんでいただけたかな?

是非動画を見て、一度練習してみてください!!

 

#100までやろうと思っていますので、これからもチェックお願いします!!

 

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

【動画あり】スネア選びで迷わない為のポイント説明ブログ

どうも、こんにちわ。
上新庄ドラム教室のgigiです。


【レッスンPV】誰でもドラムが上達!プロが教える「上新庄ドラム教室」

みなさんは、マイスネアお持ちですか?
ドラムをある程度叩けるようになると「自分の楽器」が欲しくなりますよね。

そんな時、一番欲しくなるのが【スネアドラム】だと思います。

 

今回は、スネアドラムがほしくなったときに迷わない為の参考ブログになればと思い、自身の経験を元に書いていきます。

 

 

スネアを選ぶ前に立ち止まろう

まず楽器を買う前に、「なぜその楽器がほしいか考えてみましょう」

・レコーディングをするので良い音で録音したい
・ライブがあり、出したい音があるが現状では表現することが難しい
・緊急性はないがとにかく自分の楽器がほしい

こういった理由があると思います。

まず、3つ目に関しては必要性は感じませんが気持ちは分かるので次の項目まで進んでください。笑

1・2つ目ですが、実は【チューニング】で何とかなるかもしれません。
ただ、「チューニングしたことがない/時間がない」ということであれば、買った方がいいです。

一応補足ですが、良いスネアはどんな条件でも絶対に良い音が出るとは限りません。

もちろん、基本的には良い音が出ます。しかし、ダイヤの原石のようなものです。そのままでは商品価値はありません。磨く=チューニングをすることで良い楽器に良い音が付いてくるのです。

一度、自分でチューニングしてみたり、知り合いに頼んでチューニングをしてみると音の変化に気付くと思います。

つまり、チューニング技術があればお粗末な楽器でも良い音が出せるんです。
そして、チューニングには「1+1=2」のような絶対的な正解がないというところもあるので時間と経験が必要です。

 

イメージしている音を明確にしよう

それでは、今回はスネア選びのコツだったので前述内容は一度忘れてください。笑

続いての内容は「あなたが思うスネアの音はどんな音ですか?」です。
これは非常に重要です。スネアは色んなパーツで出来ています。一つひとつのパーツで音が大きく変化します。

その一番重要なパーツが【シェル】です。

シェルは胴の部分ですが、このシェルの素材が様々なので自分のイメージをハッキリする必要があります。

・カーンと高い音で存在感がある音
・周りの音に溶け込むような暖かみのある音

このどちらのイメージをしているかによってシェル選びが分かれます。

まず僕が個人的に好きなのは後者の暖かみのある音。これは基本的には木材のシェル(ウッドシェル)になります。もちろん木材の種類もありますのでそれは後程。

続いては前者の存在感がある音。これは金属のシェル(メタルシェル)になります。
これも種類がありますが後程。

大きく分けてこの二つから考えてみましょう。
もちろん、ウッドシェルでも高音の存在感がある音は出せますし、メタルシェルでも暖かみのある音は出せます。

ここでは、大きく分けて素材そもそもの良さで判断しています。経験豊富な方はあしからず。。。


【ウッドvsメタル】メイプルシェルとスチールシェル比較動画

 

ウッドシェルについて

ではウッドシェルにはどんな種類があるんでしょうか。

f:id:gigi-drum-lesson:20200606002318j:plain

・メイプル = オールマイティに使用出来、ソリッドさと暖かさの両方のバランスが良い
・バーチ = ウッドの中では一番ソリッドでキラキラした明るいサウンドが特徴。
マホガニー = 鳴り過ぎずにふくよかなサウンド、低音が特徴的。

メイプルがいわゆるウッドシェルって感じのものになり、チューニングもしやすく使いやすいです。
バーチはウッドの中では存在感が出やすい。メイプルでもの足りない場合はオススメかも。
マホガニーはウッドの中でもしっかり低音を支えてくれるイメージがあります。ただし、アンサンブルで埋もれやすいという反面も。


TAMA スネアドラム Sound Lab Project ウッドシェル4品番を解説!

 

メタルシェルについて

では、メタルシェルはいかがでしょうか。

f:id:gigi-drum-lesson:20200606002346p:plain

・スチール = いわゆる金属って感じのサスティン、そしてパワーもあるメタルの中ではスタンダードな種類。
・ブラス = 明るくキラキラした音が特徴
・アルミ = ウッドよりの暖かみにソリッドさも加えたイメージ。マイルドな音が特徴。

 広く普及しているのはスチールじゃないでしょうか。理由はメタルさを出しやすいという点。
ブラスはさらに存在感が前に出てきて、目立ち気味になる傾向も。大音量バンドとかだとちょうど良いと思います。ただし、重いので移動が大変というデメリットも。
アルミはそういったところ、非常に軽いです。チューニングもしやすくウッドとメタルのいいとこ取りな感じもします。


TAMA(タマ) スネアドラム Sound Lab Project メタルシェル4種類を解説!

 

胴の深さをチェックしよう

続いては、胴の深さです。

f:id:gigi-drum-lesson:20200606003316j:plain
シェルの次に重要なのが、胴の深さです。簡単に言うと

・浅い胴 = 良くも悪くも音の余韻は無いが、歯切れが良く明るい音
・深い胴 = 余韻があり、太い音になる


スネアの胴の深さによる音色の違い

いかがですか?
あなたの思うスネアのイメージはどちらですか?

浅ければ浅いほど、音の反響時間は短くなります。逆に深ければ深いほど音の反響時間が長くなります。

これ、生で聞くと結構違いますので実際に楽器店に行かれる際は是非試奏して聴き比べてください。

基本的には、14インチ×5インチが基準と言われています。
14インチというのは深さではなく口径になります。また、1インチは2.54cmになります。ドラムはアメリカで発展したので世界的にインチ表記になります。

また、浅いのが正解・深いのが正しいということはないです。演奏するジャンルや曲調、またはアンサンブルでの音の大きさ、ボーカルの声質で正解は変わってきます。

この5インチを基準に、それよりも浅いもの・深いものを聴き比べてイメージを固めるのもいいと思います。

はじめてのおすすめスネア

さて、シェルと胴についての内容でしたが、もちろんそれ以外にも輪っかの部分のフープや、裏の膜的なところ(ボトムヘッド)についている、ザラっとしたスナッピーやもちろん膜的なところの、ヘッド。
これらも音色に大きく影響してきますが、はじめのうちにそこまで意識できないと思いますので最初は前述した2点を意識してください。

では、最後にいろんなメーカーから出ているたくさんの種類のスネアの中から、初心者でも使いやすい・これさえ持っていればとりあえず現場で対応出来るスネアを紹介したいと思います。


Ludwig -LM400シリーズ-

f:id:gigi-drum-lesson:20200606002346p:plain

ドラマーならご存知、名器中の名器でメタルシェルの基準とも言える定番スネアです。年代によって多少音が変わりますが、これさえあればほぼオールジャンル対応ができちゃいます。僕はメインでこのスネアを使ってます。
メタルシェルですが、暖かみのある音も出せるし、ハイピッチも出せます。


Ludwig(ラディック) スネアドラム LM400 14"x5"

Ludwig -LM402シリーズ-

f:id:gigi-drum-lesson:20200606002505j:plain



これも名器中の名器ですね。ロックドラマーの象徴ともいえるスネア。先ほどの400に深みを足したイメージ。深胴なのでローピッチはもちろんハイピッチにしても太さを失わないので、どっちでも使えます。


Ludwig(ラディック) スネアドラム LM402 14"x6.5"

Pearl -Masters Premium Maple-

f:id:gigi-drum-lesson:20200606002318j:plain

あまりメインで使っている人はいないかもしれませんが、僕が楽器屋で試奏した時に衝撃を受けて即買いしたスネアです。
綺麗な明るい音にウッドシェル特有の暖かさを混ぜたような音。そしてなんといってもチューニングがすごくしやすい。これも400同様オールジャンルいけるスネアです。


PEARL Masters Premium Maple 14x6,5"

CANOPUS -Birch Snare Drum-

f:id:gigi-drum-lesson:20200606002300j:plain

最後はこちら。僕の憧れのメーカーCANOPUS。僕が好きなドラマーは大体カノウプスを使用しているって理由で好きになったメーカーですが(そんな人多いと思います)、そんなこと関係無しにこのバーチはすごく良いです。もちろんザ・ウッド!って感じですが、太くてほかのサウンドに負けない存在感があります。でも耳につくような存在感じゃないので邪魔をしない良い子です。笑


CANOPUS(カノウプス) スネアドラム バーチ 14"x5.5"

まとめ

いかがでしたか?

スネアおすすめ!みたいな記事はたくさんあると思うので、ザ定番!ってより、少し外したスネアにしてみました。
僕的にはこの4台あれば、どの現場でも対応できると思っています。

定番で安いスネアを買うより、使えるスネアを買った方がいいと思うので是非参考にしてみてください!

【よくある質問】初心者/初級者って、どうなれば卒業出来るの?

どうも!上新庄ドラム教室のドラム講師「gigi」です!!


【レッスンPV】誰でもドラムが上達!プロが教える「上新庄ドラム教室」

 

今回は生徒さんの質問でよくある

「初級レベルってどうなれば卒業になるんですか?」
「初級と中級の違いって何なんですか?」

と言った質問について書いていければと思います!

 

初心者の定義

f:id:gigi-drum-lesson:20200529112913p:plain

まず、一般的な初心者の定義を確認しておきましょう。

その道に入ったばかりで、まだ未熟な者。習い始め、あるいは覚えたての人。

 このように言われています。

では、ドラムで言うとどうなるのか?
という問題ですが、正直なところハッキリとした定義はありません。
そしてドラマーによって答えは変わってくると思います。非常に難しくデリケートな問題です。

僕が今までの現場経験やレッスン経験で行きついている現時点での答えは


「ドラマーとして自立が出来れば初級はクリア」


だと考えています。

すごくざっくりしていますが、この自立とは何なのか。次はこの問題について考えていきましょう。

 

ドラマーとしての自立とは

続いて、ドラマーとして自立するということは一体どういうことなのか。

僕が考える自立は、

・ドラム演奏の耳コピが出来る
・基本的なルーディメンツを理解し演奏出来る
・演奏のイメージを持ち、実現するための練習内容を考えられる

この3つになります。
僕的にはこの3つがあれば【初心者/初級者は卒業】だと思っています。

 

ドラマーによってはもちろん、もっと明白に「テンポいくつまでの演奏が出来、このルーディメンツが出来て...」とか「ドラムソロが出来て」とかあると思うのですが、僕的には、そんなことより

 

【自分で考えて練習し表現できるようになる】

 

ことが一番重要と考えていて、どれだけのイメージを持っているかだと思います。

そんなに極端なハイレベル演奏じゃなくていいです。(そもそも、初心者がハイレベルな演奏をちょっとやそっとで出来るわけがありません)

こういう音が出したいこういうリズムが叩きたいこういうフィルが叩きたい

ということをどれだけイメージしているか。そして、そのイメージを実現するためには何をすればいいのか考えることが出来る。というところ。

そこで、例えば基礎をしっかり学んで引き出しを増やすのか、独学系での実践経験のみの引き出しで実現するのか。

もちろん、結局独学でも出来ればOKです。そして独学の方がなんかかっこいいですよね。

でも、基礎から学ぶ方が圧倒的に近道です。そして応用力が身に付きます。

 
では次に、僕が重要と考える3つの内容をもう少し説明します。

 

ドラムの耳コピ

まず一つ目ですが、難しく考えなくて大丈夫です。
要は、「ドラムの音を聞き分けられるか」という内容です。(もちろん曲によっては上級者でも聞き取りづらいものもあります)

聞こえてきた音に、そもそもドラムが入っているのか。
どこを叩いている音なのか。

これが重要になります。
これが出来ないということは、ドラム演奏を頭の中でイメージ出来ないと同じになります。


では、どうすれば聞き分けれるようになるのか。
それは、どれだけドラムの音を聞いてきたかそしてドラムを叩いてきたか。が肝心なのです。

なので、まずは音楽を聴くときにドラムを意識しましょう。

「この音はどこの音かな?」
「このリズムはいくつの音で成り立っているのかな」

など。何度も巻き戻して聞いてみるのもいいでしょう。

ドラムはメロディー楽器のように決まった音階がありません。シンバルも太鼓も、同じ種類だったとしてもメーカーや作りによっては全く違う音になります。

なので、音の性質を理解する必要があります。


少しづつで大丈夫です。なんとなくでもいいです。それが出来れば、そのイメージを実際に叩いてみるのです。

耳コピって、これの繰り返しなんです。

ルーディメンツの理解

続いて基本的なルーディメンツの理解というところですが、ここは色んな意見で分かれるところだと思います。

まずルーディメンツっていうのは「奏法」のことです。
もう少し分かりやすく言うと、様々なテクニックを細かく分け一つひとつを基礎練習的な内容に変えたものです。

ただ、お勉強・お練習みたいな内容なので、学校の勉強みたいに「で、結局これどうやって使うの?」と感じる人も多いと思います。


ちなみにルーディメンツでは【インターナショナルドラムルーディメンツというものがあり、全部で40種類あります。(もちろん、これ以外もあります)

この40種類全てを理解して叩けるというのは理想ですが、今回の僕が思う初心者の定義の中では

・シングルストローク
・ダブルストローク
・シングルパラディドル
・フラム
・ドラッグ

この5つはやはり理解してほしいです。
ただ、ダブルストロークに関してですが、これって結構難しいです。生徒さんでもこれやりたいって方も多いですが、ダブルストロークを使いこなせるようになるには結構な練習と実践が必要です。

でも今回は、使いこなせなくてもいいので「スティックをリバウンドさせ、一つのモーションで2打叩く」ということを理解し、ゆっくりでもいいので出来ればOKです。


後は、上記のインターナショナルドラムルーディメンツにはありませんが、

・ベーシック4ストローク
・それを応用したアクセント移動
ナチュラルスティッキングの理解

の合計8項目が出来るようになればOKです。

ナチュラルスティッキングやインターナショナルドラムルーディメンツなどの内容は別記事で書きます。

 

目標のイメージを持って練習

最後にイメージのお話です。
ドラムに限らず、芸事ではイメージって非常に重要だと言われています。

例えば自分の好みの異性を考えた時に頭の中に好きなタイプが出てくるように、おいしい料理を想像したときに浮かんでくる料理があるように、ドラムも叩きたい演奏を頭の中に思い描けるか?という内容です。

思い描けるのであれば、それが設計図になるわけです。
そしてそれを実現するために練習をする。

結局ドラマーとしての自立ってこれのことだと思っています。

それくらい重要で、まず思い描く為にはドラムの音を知っている必要があります。
各太鼓の音、シンバルの音、どこを叩けばどんな音が出るか。

初めの耳コピと同じですよね。

そして、そのイメージしている音を表現することが出来るのか叩いてみます。

もし出来ない内容があれば、何をすればそれが出来るようになるか。を考えます。
単純に早さが足りないのかフレーズが叩けないのか雰囲気とかニュアンスが違うのか。そういったところを考えます。

 

ここで見つけた問題を解決させるために練習をします。

これの内容を一人で出来るようになればレッスンに行かなくても、音楽学校に行かなくても十分上手くなれます。

 


まとめ

という内容でした。いかがでしたでしょうか。
この記事を書きながら文字に起こすよりも動画を撮影したほうがいいような気がすると思ったので、また動画で今回の内容を撮影したいと思います。

ご質問や不明点があれば是非おお問合せください!!

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum