大阪上新庄ドラム教室

ドラム上達のススメ

【以外と重要】キックの踏み方でサウンドに変化をつけよう!!

どうもこんにちわ!!
大阪市東淀川区にある上新庄ドラム教室のジジです。
【GIGI】DRUM LESSON BLOGをご覧頂きありがとうございます。

数あるドラムレッスンブログの中から、僕のブログを見つけて頂き感謝します。
今日はバスドラムの踏み方」についての内容を書いていきます!

 

 

バスドラムについて

バスドラム(バスドラ)・ベースドラム(ベードラ)・キック、など呼び方は色々あり、ドラムをしたことがない人でも、ドラムセットというものを想像したときにイメージする太鼓だと思います。

f:id:gigi-drum-lesson:20200424212430j:plain


もうお分かりの通り、こちらは右足でペダルを踏み、音を鳴らします。
実は、この踏み方にも奏法があり、ただ踏めばいいというわけはありません。
「良い音を鳴らす」「大きい音を出す(小さい音を出す)」「早く動かす」これらを身につけて初めてかっこいいドラムの演奏になりますし、これらの要素は周りのミュージシャンがドラマーに求めていることでもあります。

キックの踏み方

まず、初めに覚えてほしいのが、「足に重心を置かない」です。

動画では少し違う言い方をしているのですが、基本的にはこの考え方で覚えてください。
足に重心を乗せてしまうと、上手く踏むことが難しくなります。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200424212802j:plain


重心は腰に置きます。
ペダルについているバネの力を利用することで、簡単に音が出せます。そしてそこに足の体重を乗せることで、音量はしっかり出ます。

ここで「ん?」となった方がいるかもしれませんが、この「重心」「体重」の違いはしっかり意識してくださいね。「身体を支えるのは足ではなく腰」ということを意識してください。

そして、力を伝える場所についてですが、親指の付け根の「膨らんだ部分」。母指球(ぼしきゅう)という部分に力を入れるイメージで踏みましょう。
ペダルの下から2/3くらいの位置にこの母指球を置き力を加えます。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200424213218j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200424213213j:plain


踏み方の奏法

では、続いて奏法についてご紹介します。
大きく分けると

・ヒールダウン奏法
・ヒールアップ奏法

の2種類に分かれます。
(細かく分けると、タップ奏法やオープン奏法などあったりしますが)


【キックの踏み方でビートが変わる!】ドラム上達のススメ LESSON #4

それぞれメリット・デメリットがありますが、大きな違いは「使う筋肉」でしょう。

ヒールダウン→「すね」
ヒールアップ→「足の付け根」

にかかる負担が大きくなります。

僕は統計をとったわけではないのですが、色んなところで言われているのはヒールアップで演奏するドラマーの方が圧倒的に多いというところです。

その理由としては、ヒールアップの方がヒールダウンよりも体重を掛けやすく、大きな音が出しやすい為です。
特にハードロックやへヴィメタルのドラマーは、ほとんどがヒールアップでしょう。

しかし、かかとを浮かせる分だけ、体のバランスが崩れやすく、重心が足に行きがちというデメリットもあります。
それに対して、ヒールダウンは、主にジャズ等のジャンルで用いられる奏法です。

かかとをつけているので安定しやすく、体全体のバランスは取りやすいというメリットがあります。
その反面、すねの部分にかかる負担が大きいので、大音量のライブ等での長時間演奏は
相当な体力・訓練が必要となります。

 

まとめ

いかがでしたか?
理想はどちらも使えるのがいいのですが、おそらくこのブログを読んでいる方は、ポピュラーミュージックよりな方だと思います。

なので、基本はヒールアップ奏法を練習しましょう。
もし「自分はジャズを始めたくてこのブログを読んでいる!」なんて方がいたらヒールダウン奏法をおすすめします。
(僕はジャズのときも基本ヒールアップで演奏しますが…)

 

 

ホームぺージもみてね


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum