大阪上新庄ドラム教室

ドラム上達のススメ

【メキメキ上達!】様々なスティックの持ち方を覚えよう!

こんにちわ!大阪エリアの上新庄ドラム教室です。

この度、レッスン動画というものを始めました!!
みなさまにもっともっとドラムを楽しんでほしいという思いから、まずは初級者向けの動画になっています。

【ドラムのスティックの持ち方・握り方】について詳しく解説をさせて頂きました!

 

上手くなるスティックの持ち方覚えよう


【上手くなるスティックの持ち方】ドラム上達のススメ LESSON #1


内容の解説をさせていただきます!

スティックの持ち方・握り方というのは、教材や先生によって言ってることが様々です。みなさんを余計迷わせてしまうかもしれませんが、全部合っていて正解なんです。

ただ、正しい持ち方・握り方はたくさんあるので、生徒さんによっては説明の仕方で逆に分かりにくくなる場合もあると思います。
それは決して生徒さんが悪いわけではありません。

先生は理解しているから、理解している側の説明になってしまったり、気付かないうちに割愛している内容・説明、また「自分流の説明」というところが、分かりにくくなる原因です。

そんなときに混乱しない為にも色んな正しい持ち方を試して、自分の考え方の幅を広げてほしいので、今回の動画はそういったところの説明になっています。

 

ザ・王道のスティックの持ち方

まず、1つ目は王道のスティックの持ち方です。(0:52~解説
人差し指の第一関節(第二でもいいですよ)と親指でスティックをつまむという方法です。そして、中指・薬指・小指の残り三本の指でスティックを包むように軽く握る。

ここまでが王道の説明だと思います。

ここですでにいくつか割愛してしまっている内容があります。
例えば、スティックの向きであったり、握り方です。


・まず、つまむところはスティックを3等分した長さで持ちます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408105828j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110700j:plain

 

・握った際のスティックの向きは、グリップエンドを手の小指球の部分に置きます。
腕のラインよりも少し外すような向きです。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110554j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110700j:plain


・握り方は、よく優しく包み込むようにっていう表現があります。たしかにそれもそうなんですが、残りの三本の指の第一関節あたりで手のひらの方に優しく抑え込むという状態が良いかなと思います。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110626j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110645j:plain


 

gigiが考案したスティックの持ち方

こちらは、人によって違う「指の長さ」というところから考えた持ち方になりま。(1:20~解説

先ほどの内容だと、つまむということが良く分からなったり、つまむ場所・角度などの疑問も出てくるかと思います。そういったご質問から改良した持ち方です。

 

・伸ばした人差し指と親指の間にスティックを置いて、落とさない程度につまみます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110733j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110153j:plain


・残りの三本の指に関しては先ほど同じように、第一関節で優しく抑え込む方法で握ります。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110210j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110539j:plain

 

中指親指を中心としたスティックの持ち方

こちらは先ほどまでの人差し指という支点を中指に変えた持ち方です。(1:48~解説

中指の第二関節(第一でもいいですよ)と親指でつまんでから、中指の先で抱きかかえるように持ちます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110225j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110241j:plain


・そして、今度は薬指と小指の二本の第一関節ではなく、第二関節にスティックをあてて小指球まで移動させます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110259j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110315j:plain


・最後に人差し指は、第一関節と第二関節の間に添えます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110645j:plain

 

こんな方法もありますよっていうスティックの持ち方

最後に、今まで生徒さんに伝えたことがある方法で番外編的な方法をご紹介します。(2:13~解説

・まず、つまむのではなく指の付け根にスティックをあてて、次に握るのではなく指の先で挟むように持ちます

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110345j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110402j:plain


・一度人差し指は伸ばし、親指をスティックにあてて人差し指あたりまで移動させます。次に、そのまま人差し指で挟むようにつまみます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110418j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110435j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110449j:plain


・中指、薬指、小指を一度離します。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110507j:plain

 

・最後に残りの三本の第一関節をスティックにあてて、小指球まで移動させます。

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110522j:plain

f:id:gigi-drum-lesson:20200408110611j:plain


 

まとめ

いかがでしょうか?
スティックの持ち方というのは色んな方法があります。
スティックを持つということに慣れてくれば、徐々に違和感があるところ・やりにくいところを排除していくと思います。
そこまでたどり着けるスピードを早めるためにも、スティックを持つということを色んな角度から捉えていただければと思います。

絶対的な正解っていうのは無いんですが、絶対的な不正解っていうのはあるんです。そこが音楽や芸術の難しいトコロ。。。

正しいスティックの持ち方を身につければ、上達のスピードも上がるし、疲れにくくなりますので初めのうちから注意していきましょう!

 

では、何かご質問があればどしどしお問合せください。


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum