大阪上新庄ドラム教室

ドラム上達のススメ

【グリップ】初めのうちは意識したい!【スティックの持ち方】


【かっこいいスティックの持ち方】ドラム上達のススメ LESSON #1

どうもこんにちわ!!
大阪市東淀川区にある上新庄ドラム教室のジジです。

【GIGI】DRUM LESSON BLOGをご覧頂きありがとうございます。数あるドラムレッスンブログの中から、僕のブログを見つけて頂き感謝します。

 さてさて今回は、「スティックでドラムを練習する」という、ブログではありません。

だって、今スティックを持っている方は一度スティックを握って、ドラムを叩く
ポーズをとってください。

 

f:id:gigi-drum-lesson:20200405235137j:plain

こんな持ち方になっていませんか??

ということで、ドラムを始めたルーキー達が最初に迷ってしまう内容が!!

スティックの持ち方

だと思います。
スティックの持ち方を、ドラムの用語で「グリップ」と言います。このグリップ、実はとても重要で、種類もいくつかあるんです。

ただ持てばいいってわけではないんですね


本当のところ、初めのうちはグリップを気にせず楽しく叩くことだと思っているのですがここは一応レッスンブログ。しっかりレクチャーしたいと思います。
変なグリップのまま無理をするとケガにも繋がります。上達の妨げにもなりかねません。
ということで、なるべく早いうちに正しいグリップを身につけて頂きたいなと思っております!

 
グリップの種類

まずこの動画を見て頂ければと思います。

 


【かっこいいスティックの持ち方】ドラム上達のススメ LESSON #1

如何でしょう?
ご覧の通り色んなグリップがあり、これまた覚えるのに一苦労ですね!


どのグリップにすれば正解とかはないのですが、「自然と固まっていくドラマー」や「ジャンルや環境で使い分けるドラマー」もいます。
もっと言うと、上級になるにつれグリップは自分の出したい音のイメージを表現できる持ち方に合わせてしていけば良いと思います。考えてもいいし、場面場面で変えていけばいいと思います

では、それぞれのグリップの特徴を簡単に説明しましょう。

 

ジャーマングリップ

f:id:gigi-drum-lesson:20191219231714j:plain

手の甲が上を向いたグリップが「ジャーマングリップ」といいます。

スティックのブレが少なく、このグリップは手首のスナップが特に使いやすいというところが特徴です。
また、小さい音を安定して出しやすいというメリットがありますが、力みやすいというもデメリットがあり、フィンガーコントロールも他のグリップよりは使いにくいという点があります。

ただ、クラシック系や吹奏楽部系の打楽器奏者には、このグリップの奏者が多いそうですよ。


フレンチグリップ

f:id:gigi-drum-lesson:20191219231719j:plain

親指が完全に上に向いているグリップを「フレンチ・グリップ」といいます。
フレンチ・グリップの最大の利点としては何といっても指の自由度にあります。
フィンガーコントロールが使いやすいというところで細かいフレーズが多いドラマーに好まれます。
しかし、手首の可動域が狭くなるので、衝撃を手首に受けやすいというデメリットが。。。

ただし、僕は右手がフレンチになっています!


アメリカングリップ

f:id:gigi-drum-lesson:20191219231716j:plain



ジャーマングリップとフレンチグリップの中間で、親指と人差し指の隙間が見える
グリップを「アメリカングリップ」といいます。
中間ということで両者の利点を十分に生かせるグリップですので、初心者の方にも馴染みやすいかと思います。デメリットも特にないので、おすすめします。

また、どの角度がアメリカンだという決まりは無いので、だいだいの間です。
グリップの定義って実は非常に感覚的であり、曖昧なものなんです。

 

レギュラーグリップ

f:id:gigi-drum-lesson:20191219231726j:plain
最後は一度はみたことがある持ち方だと思います。

手の甲を下に向けるようにし、スティックを掴む(摘まむ)のではなく、親指と人差し指で「挟む」グリップです。また、薬指で反対側からも支えます。

いわゆるJazzドラマーっぽい握り方です。
また、マーチングバンドの演奏とかでもよくみかける、左手の持ち方が特殊なスタイルですね。
基本的に左手の握り方ですね。右手をレギュラーで持つ人は見たことありません。
(左利きのレギュラーグリップであればありえると思います)

レギュラーグリップの最大のメリットは「繊細なフレーズを叩きやすい」というところでしょう。理由はスティックを支えている点が多いというところです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?色んなグリップがある中で、おすすめは「アメリカングリップ」かなと思います。

まずは、握り過ぎず、力まずに持つように心がけてください。
どのグリップだと成長が早いなどはありません。どのグリップでも大丈夫です。

ただ、今回ご説明した中での正しい握り方でないと、リバウンドやコントロールがつかみにくくなりますので、上達は遅くなるかもしれません。

それでは、ご質問などがありましたらコメント欄に記入してもらえると嬉しいです!!よろしくお願い致します!!

 


上新庄ドラム教室=

https://www.gigidrum.com/


【1時間3000円で上達♪】
楽しく通いながら上達出来るレッスンとしてご好評いただいております。
独自のレッスンカリキュラムをご用意し、上達へのポイントをレッスンします。

・マンツーマンレッスン
・グループレッスン
・オンラインレッスン
3つのプランからお選びください。

是非、一度体験レッスンを受けてみてください。
お問合せお待ちしております!


===================
■講師プロフィール

https://www.gigidrum.com/gigidrum-profile

■講師演奏

https://youtu.be/0ORIydqbFfE

SNS
Twitterhttps://twitter.com/kamishinjo_drum

instagramhttps://www.instagram.com/gigi_drum

レッスンも生徒募集中です♪ご興味がある方は是非お問合せください!